ミュンヘン⽇本⼈国際学校SUC規約

 スクールバス運⾏の⽬的
• 児童生徒が安全且つ定時に登下校することです。
1.運営
• ミュンヘン⽇本⼈国際学校スクールバスは、スクールバスユーザークラブ(SUC)により運営されます。SUCは、スクールバスが安全且つ定時運⾏し、児童生徒の通学⼿段の⼀つとして正常に機能するよう責任を持ちます。
• SUCの構成員(会員)は、スクールバスを利用する児童生徒の保護者(⽗⺟)です。各路線よりSUC委員が1名選任され、SUC委員会を構成します。SUC委員会がスクールバス運営の管理・調整を⾏います。
• 担当役職名は、委員⻑・副委員⻑・ルート編成・契約・会計・利用案内などです。委員の中から選出されます。
• SUC総会は、最低年1回開催されます。年度事業報告・会計報告、及び年度事業計画・会計計画が提案・承認されます。
• SUC委員はSUC総会により承認されます。
• 学校法⼈ミュンヘン⽇本⼈国際学校は、スクールバス運営に直接携わりませんが助⾔指導などでSUCをサポートします。
• 運営費用は、利用者負担金とバイエルン州からの補助金で賄っています。
2.⼊会および利⽤契約
• SUC⼊会・退会届けおよび利用申請書【新規】【継続】【中⽌】 【SUC⼊会・退会届け】
SUC⼊退会希望者は、各学期終業式までに、所定の『【⼊退会】SUC⼊退会届け』をSUC委員⻑に提出します。
• 【新規利用】

新規利用希望者は、各学期終業式の10⽇前までに次期の新規利用申し込みを、所定の『【新規】スクールバス利用申請書』にてSUC委員会に提出します。
• 【継続利用】 

利用継続希望者は、SUC各ルート委員の案内に従い次期の継続利用申し込みを、所定の『【継続】スクールバス利用申請書』にてSUC各ルート委員に提出します。
• 【利用中⽌】

利用中⽌希望者は、速やかに、所定の『【中⽌】スクールバス利用申請書』をSUC各ルート委員に提出します。
• 利用者管理担当委員もしくは、SUC委員⻑による利用可否、解約の確認をもって利用者との契約及び解約とします。
• スクールバス利用を申請しても、住所によって利用できない場合があります。学校からの距離や道路状況及び⽴地条件により、SUCにて判断されます。
3.スクールバス会社との契約
• バス会社との契約主体は学校法⼈ミュンヘン⽇本⼈学校理事会です。理事会が契約主体となるのは、SUCが法的責任を負える団体組織ではないためです。
• バス会社の選択は、バイエルン州から補助金が支給されているため、⼊札で⾏われます。乗⾞中の搭乗者災害及び障害保険は、運⾏契約に包括されます。
4.スクールバス利⽤代⾦と⽀払い⽅法
• バス会社との契約主体は学校法⼈ミュンヘン⽇本⼈学校理事会です。理事会が契約主体となるのは、SUCが法的責任を負える団体組織ではないためです。
• スクールバス利用代金は上記利用契約に基づき前納とし、原則的に4⽉(前期分)と10⽉(後期分)に指定された銀⾏⼝座に振り込むこととします。なお、期間途中の解約についての返金は⾏われません。但し保護者の異動による転出(⽇本等)のみ返金を⾏います。スクールバス利用代金は利用⽉分までとします。(⽉途中で解約した場合も、⽉末まで利用するものとみなして計算)
5.ルート、停留所及び使⽤バス
• ルート、停留所及び使用バスは利用確定者に基づき、SUCにて決定します。ルート編成は、年3回。各学期始めに⾏います。原則固定ルートとし、学期中の新規利用者は、既存の停留所を利用しますが、次期のルート再編時に新規停留所の候補として取り扱います。
• 所用時間は⽚道最⻑1時間15分を越えません。
• スクールバス路線および停留所の変更は、SUC委員会より、速やかに会員及び⽇本⼈学校事務局に報告されます。
6.その他
• 児童生徒の乗降は保護者の責任において⾏われます。(停留所への⾒送り・出迎え・終業時間後スクールバス乗⾞待ち時間)
• 利用児童生徒以外のバス乗⾞は、SUCの承認を受けた児童生徒監督またはバスの運⾏管理を⽬的とした者以外は認められません。
• 伝染病患者の乗⾞は認められません。
• スクールバス内の秩序の遵守は、SUC会員である保護者から児童生徒に指導してください。秩序を著しく乱した児童生徒に対して、SUCは利用契約を破棄する権利を有します。尚、場合によっては、バスのご利用をお断りすることがあります。
7.規約の改定
• 本規約は、SUC総会において、2/3以上の賛成を持って改訂することが出来るものとします。